So-net無料ブログ作成
検索選択

年末ジャンボ買ってきました。 気になる宝くじの疑問点 [生活]

昨日、年末ジャンボ宝くじを買ってきました。

11月21日から発売されていますが、12月19日が販売終了日なので、忘れないうちにと思って、昨日購入してきました。

たぶん当たることは無いと思いますが、年末に向けての夢をと思い、連番10枚、バラ10枚とささやかな夢に賭けることにしました。

今年は昨年に引き続いて、「年末ジャンボミニ7000万」というものも発売されていて、7000万円が190本当たるというので、悩みどころでしたがどうせ賭けるなら7億円と、「年末ジャンボ」を購入することにしました。

ところで、宝くじには前から思っていた疑問がいくつかあります。

◆年末ジャンボの1等は5億円が49本となっていますが、本当に49本なのでしょうか。

実は1ユニット当たり1本の1等当選がありますが、発売予定が49ユニットになっているので49本と公表しています。
ちなみに、ミニの方は販売予定が19ユニットになっています。

もしも、予定数より多く販売された場合には1等当選本数は増えますし、少なければ49本より少なくなってしまいます。

昨年の年末ジャンボは、当初68ユニットを予定していましたが、実際には45ユニット分程度しか売れなかったようです。
年々売り上げが減っているようで、今年は49ユニットになってしまいました。
もちろん、予想より売り上げが伸びれば増刷するということですが、今年はどうなのでしょうか。

◆売れ残った宝くじが当選していたらどうなるの

売れ残った宝くじは、当選の対象になりませんので、当選本数は当然少なくなることになります。
換金されなかった当選宝くじは、1年の事項が過ぎると公共事業に役立てられますが、売れ残った宝くじの当選分は、この金額には含まれません。無視されるということになります。

◆ユニットってどうなっているの

ユニットは、100000~199999の10万枚を1組として、01組から100組までが1ユニットになります。

1ユニット1000万枚ですので、1等が当たる確率は1000万分の1となりますね。
この確率は、お米120kgから1粒のお米を見つける確率や雷に当たる確率と同じ程度だそうです。
恐ろしく低い確率ですね。



以前、私の知り合いで宝くじを30万円買ってみたという人がいましたが、全然当たらなくてガッカリしたといっていました。
確率的にいっても、30万円買っても1等の当選確率は1万分の1,3等100万円の当選確率でさえ100分の1ですからね。

宝くじで元を取るのは絶対無理ですから、ささやかな金額で夢をみるのが良いところなのでしょうね。
少しでも、確率を上げたい場合は、仲間を募って共同購入という手もありますが、後からもめることもありますので、あまり熱を上げすぎない方がいいですね。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。