So-net無料ブログ作成

卓球ワールドツアー・グランドファイナルの賞金額は? [スポーツ]

タイのバンコクで14日まで開催されていたITTFワールドツアー2014・グランドファイナルでは、日本選手が大活躍しましたが、卓球の大会としては賞金額も高く、その賞金額も話題になっています。

女子シングルスで初めて優勝した、石川佳純選手も賞金10万ドル(約1180万円)を獲得し、「こんなに賞金をもらったことがない。」と話していました。


ITTFワールドツアー・グランドファイナルは、その年のワールドツアーでの獲得ポイントの高い選手が出場する大会で、シングルスは上位15名と開催協会枠1名の合計16名、ダブルスは上位7組と開催協会枠1組、アンダー21は上位8名の出場となっています。

獲得ポイントが高くても、出場大会の数が少ないと出場権が得られない都市いう規定もあります。
シングルスでは、3大陸以上の大会もしくは6大会以上に出場していないとグランドファイナルには出られません。

今回、日本選手が大活躍できたのも、強豪中国がツアーへの参加大会が少なかったため出場権が得られず不参加だったのが大きな要因になっています。


グランドファイナルは、出場するだけでも賞金が出るという特別な大会で、賞金総額は100万ドルとなっています。

優勝賞金はシングルスが10万ドル、ダブルスは4万ドル、アンダー21が1万ドルとなっています。

今回日本選手が、優勝4・準優勝2、その他ベスト4入り、ベスト8入りと多く活躍しましたので、日本選手の総獲得賞金は40万7千ドル(4802万6千円)となっています。

卓球も賞金額が上がっていけば、プロとして活躍できる場も広がり、実力のある選手が育っていくことと思いますので、卓球界の発展のためにもいいことだと思います。

賞金を手にした選手の皆さんも、さらにモチベーションが上がったことと思います。

日本の卓球選手の皆さんも、来年のワールドツアーでさらに活躍できるよう、がんばってもらいたいと思います。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。