So-net無料ブログ作成

抜き打ちドーピング検査って、どんなもの? [スポーツ]

女子プロテニスプレイヤーのクルム伊達公子さんが、就寝後に抜き打ちドーピング検査での検査員の態度に腹を立てたことをブログに綴っています。

伊達さんは15日の夜、22時前にベットに入っていたのですが、22時過ぎにアンチドーピング機構の検査員が訪れ、抜き打ちドーピングテストを行ったそうです。

しかし、検査に必要な量の尿がとれなかったため、通常の検査終了の時間である23時過ぎまで居座られ、結局夜中の2時頃までかかってしまったようです。

検査員の言動に腹を立て警察に出動を依頼したそうです。
ブログに記載されている調査員のやり取りをみるとかなり頭にきたようですね。


ドーピング検査は、スポーツ大会で競技の後に出場選手の尿を採取して検査を行うものですが、競技会以外の時も抜き打ち検査があったのですね。

ドーピング検査を行っている団体はアンチ・ドーピング機構。
世界アンチドーピング機構と日本アンチドーピング機構がありますが、日本国内のドーピング検査は日本アンチドーピング機構がおこなっているようです。

調査対象として登録されている一流選手は、1年365日、どこにいて何時から練習しているなどのスケジュールを申告しなければいけないそうです。
原則としては、検査員が訪問できるよう毎日1時間の居場所を事前に申告しておくというのがルールのようです。

抜き打ちドーピング検査の時に、不在だった場合、1年半の間に3回不在があるとドーピング違反として処分されるという厳しいルールもあります。

いつ抜き打ちでのドーピング検査があってもいいようにしておかなくてはいけません。

風を引いたり体調が悪くても市販の薬は飲めないし、薬やサプリをいつ飲んだかも記録しておかなくてはいけないようです。

休みの日でも検査員が来ることもあるそうなので、選手にとってはストレスでしょうね。

ドーピングの手法も巧妙化してきている中、選手の皆さんはドーピング検査の重要性は良く理解していると思いますが、我々一般人にはこのような隠れた苦労はあまり知られていませんね。

今回、伊達さんのブログの件で、スポーツ選手の隠れた苦労を知ることができました。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。