So-net無料ブログ作成
検索選択

「ハコビジョン」ガンダムの次は初音ミク! 食玩でクールな映像ショー [趣味]

「日本おもちゃ大賞2014」のイノベイティブ・トイ部門で大賞に選ばれた「ハコビジョン」に「初音ミク」のバージョンが新たに加わります。8月11日発売で価格は税込み540円です。

HakoVision.jpg

「ハコビジョン」とは、バンダイが販売する食玩でパッケージの外箱を説明書に従って組み立てた後、スマートフォンでパッケージに印刷されているQRコードを読み取り映像を再生させ、組み立てた箱の上にスマホを置くと、箱の正面から素敵なプロジェクトマッピングのショーが見られるようになっています。

机の上で簡単に本格的なプロジェクトマッピングが見られると、人気の商品になりました。

見たことない人は一見の価値がありますよ。
又、プロジェクトマッピングは未体験という人にもお勧めです。

第1弾は今年1月27日に発売した「東京ミチテラス2012」と「東京国立博物館
その次は限定版で3月20日に発売された「GUNDAM in DAIBA」
第2弾は4月14日に発売された「MOBILE SUIT GUNDAM」でした。

そして、8月11日第3弾として「初音ミク」が発売されることになりました。

今回発売される「初音ミク」は2種類あり、それぞれ2曲ずつ収録されています。
そして、流れる映像は何パターンかあって再生するたびにちょっと違った演出の映像が流れるようです。

対応のスマホは、iPhone、Andoroid両方に対応していますが、スマホの縦横サイズが影響しますので詳しくは「ハコビジョン」サイト ( http://www.bandai.co.jp/candy/hakovision/info/list.html ) で確認してみて下さい。

この短期間に続々と新バージョンが登場していますので、これからもいろいろなバージョンが出ることが期待できますね。

おじさん」としては、あまりマニアックなモノではなく、プロジェクトマッピングのショー的なものが希望なのですが...。
期待しています!


スポンサーリンク



◆ 「ハコビジョン」説明映像 「東京ミチテラス2012」


◆ 「ハコビジョン 初音ミク」


骨太方針「配偶者控除見直し」の見送り 「配偶者控除」って?いつから? [ニュース]

6月24日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」、に「配偶者控除」の見直しを明記することが見送られました。

安倍首相が3月に行われた経済財政諮問会議・産業競争力会議で、「配偶者控除」の見直しを関係閣僚に指示していたため検討が続けられていました。。

法人税を減税することを方針としている政府としては、それに変わる財源を何とかして確保しなければいけないことと、配偶者控除が女性の社会進出を妨げているとの認識から、配偶者控除の見直し論議が起こっていました。

そもそも、配偶者控除とはいったい何なのでしょう。

働いていて一定の額以上の収入のある人は、所得税を納めなくてはいけません。
サラリーマンは毎月の給料の中から自動的に税金が差し引かれます。

この税金の計算は、支給総額から通勤手当などの非課税分と厚生年金健康保険などの社会保険料を差し引いた額を税額表と呼ばれる税金算出の一覧表に当てはめて算出します。

この税額表は、給与をもらっている人に扶養家族が何人いるのかによって変わってきます。
例えば、社会保険料などを引いた後の給与の金額が30万円だった場合、扶養家族がいない人は所得税が8,420円なのですが、4人の扶養家族がいれば1,890円、5人なら280円、6人なら0円になってしまいます。

扶養家族が多いほど税金が少なくなる仕組みになっています。
この扶養家族には年間の合計所得が38万円以下でないとなれないのですが、配偶者の場合に限り年間103万円以下であれば扶養家族として扱うことが出来ます。

そこで、奥さんがパートなどで働くときに年間の給料を103万円以下に抑えて働くケースが多くなります。
103万を超えると、夫の給料から配偶者控除が受けられなくなり納める税金が多くなってしまいます。
また、会社によっては、家族手当も対象外となり、給与自体も減ってしまう場合もあるようです。

この税金は所得税ばかりではなく住民税にも影響してきますので、配偶者控除の廃止は家計に大きく響くことになります。
年間の所得額によっても変わりますが、最大18万円程度の負担増になるともいわれています。

現状では103万円を超えても141万円以下ならば「配偶者特別控除」という制度で全額ではありませんが一部の控除を受けられるようになっています。

所得税は103万円が壁となっていますが、年金や健康保険は130万円に壁があり、そこを超えるとパートナーの社会保険扶養家族からはずれてしまうことになります。

今回、骨太の方針から配偶者控除見直しの明記を見送ったのは、単純に配偶者控除を廃止しても専業主婦世帯の負担が大きくなることと、配偶者特別控除の存在、社会保険の扶養(130万円)の問題、そのほかの保育所整備などの条件を整えないで配偶者控除だけを廃止しても、女性の社会進出に繋がらないとの結論になったためのようです。

しかし、以前から度々あった「配偶者控除廃止」の議論ですので今後も時々出てくると思います。
消費税が8%に上がり、さらに10%に上がろうとしている現状では、この廃止は厳しいですね。
議員の皆さんには、なにか良い方法を考えてもらいたいですね。

年金の第3号被保険者の問題とともに総合的に良い制度を作るよう知恵を絞ってもらいたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

驚異の3DS用シンセソフト「KORG DSN-12」 オシロスコープが楽しい [IT]

株式会社DETUNEと株式会社コルグが共同開発した、ニンテンドー3DS用のバーチャル・アナログ・シンセサイザー・ソフトの「KORG DSN-12」が6月25日に発売されました。

KORGDSN-121.png

ダウンロード専用ソフトでニンテンドー3DS、3DSLLで動きます。

株式会社コルグは、ハードウェア楽器ばかりでなくiPhone/iPad用やAndoroid用、ニンテンドーDS用のソフトシンセなどにも力を入れ人気を博しています。

いずれも優れたソフトで機能も高く、ソフトとはいえこんなに安くシンセサイザーが手に入ってしまって良いのだろうかと思ってしまう程の優れモノです。
気がつけば、私もほとんどのアプリを購入してしまっています。

ニンテンドーDS用にはこれまで、「KORG M01D」や「DS-10」など名作がありますが、「DS-10」はかつての名機「KORG MS-10」をDS上で再現したモノで、今回と同じ「株式会社DETUNE」とKORGの共同開発でした。
発売当初はかなり話題になり一斉を風靡した感もありました。

今回の「KORG DSN-12」は「KORG DS-10」で再現されていた「MS-10」が12台分が1つのソフトの中に再現されています。

「DS-10」とほぼ同じように使うことが出来ますが、12台のシンセがあるので12台分の音符を記憶させることにより、3DS一台でかなり高度なバンド演奏までできてしまいます。

具体的には12台のシンセパートに、それぞれ最大64ステップ・最大64パターンのシーケンサーがあり、それらをつないで曲にするという構成になっています。

エフェクターや、ミキサーなども「DS-10」の時よりも進化しているようです。

これだけでもスゴイのですが、3DSの上画面にオシロスコープ表示ができるのがさらにスゴイところです。

シンセサイザーの音色の設定をするときにオシロスコープで波形を確認しながら設定をするプロやマニアがいますが、オシロスコープを持っていなくてもこのマニアックな体験ができてしまいます。

シンセではサイン波や矩形波、三角波、鋸歯状波など、いろいろな波形を選んで音作りをしていきますが、この波形をオシロスコープで見ながら音作りができるというのは、思っただけで楽しくなりますね。

さらに、このオシロスコープには「リサージュ・モード」というモードがあって、リサージュ図形の表示もできてしまいます。

理系の人なら「リサージュ図形」って聞いたことがあると思いますが、XY軸に直行する2つの波の軌跡を平面図形で表したもので、振幅・周波数・位相の違いで芸術的な(?)図形が描かれます。
専門家はこの図形で左右の音のバランス、位相、定位などを視覚的にチェックするそうです。

「DSN-12」のスゴイところは、このリサージュ図形が3Dの立体映像で見られてしまうことです。
こんなリサージュ他では見られません!
ニンテンドー3DSならではの機能を生かしたナイスなアイデアです。

3Dのリサージュ図形を見ているだけで時間を忘れて楽しんでしまいそうです。
曲を作ろうとしてソフトを使い始めても、リサージュ図形を見て遊んでいるだけということにならないようにしなくてはいけませんね。

気になるお値段は、税込3,800円。
「この機能でこの価格?」という感じです。

3DSをお持ちの楽器好きの方はぜひ試してみて下さい。
3DSを持っていないシンセマニアの方は、3DSを買っても価値があるかも。


スポンサーリンク



◆ KORG DSN-12 Demo Song


◆ KORG DSN-12 リサージュ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「行ってよかった!工場見学ランキング」発表!夏休みの旅行にいかが? [旅行]

旅行口コミサイト「TripAdvisor」の日本法人「トリップアドバイザー株式会社」が、過去1年間の口コミ評価を基に「行ってよかった!工場見学&社会科見学ランキング2014」を発表しました。

発表された順位以下の通りです。
 1位 ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市町)
 2位 トヨタテクノミュージアム産業技術記念館(愛知県名古屋市)
 3位 インスタントラーメン発明記念館(大阪府池田市)
 4位 リニア・鉄道館(愛知県名古屋市)
 5位 オリオンビール名護工場(沖縄県名護市)
 6位 カワサキワールド(兵庫県神戸市)
 7位 サントリー白州蒸溜所・天然水白州工場(山梨県北杜市)
 8位 サントリー山崎蒸留所(大阪府島本町)
 9位 うなぎパイファクトリー(静岡県浜松市)
10位 キリン横浜ビアビレッジ(神奈川県横浜市)
11位 九州鉄道記念館(福岡県北九州市)
12位 ぬちうなー(沖縄県うるま市)
13位 三菱みなとみらい技術館(神奈川県横浜市)
14位 トヨタ博物館(愛知県長久手市)
15位 サッポロビール博物館(北海道札幌市)
16位 白鶴酒造資料館(兵庫県神戸市)
17位 マルキン醤油記念館(香川県小豆島町)
18位 島根ワイナリー(島根県出雲市)
19位 ヱビスビール記念館(東京都渋谷区)
20位 タオル美術館Ichihiro(愛媛県今治市)

工場見学は楽しみながら社会勉強になると、最近特に人気の高くなった旅行ジャンルですが、実際に見てみると工場の最新設備に感心したり、製品ができていく工程に見とれてしまったりなかなか楽しい経験ができますね。私は大好きです。

基本的には無料で見学できるところが多いのも良いですね。

ランキングを見ると飲料・食品関係の工場が多いようです。
やはり、試食やお得価格のお土産が購入できたりというのが魅力なのでしょうね。

上位の工場見学はやはり魅力的で、機会を作っていつかは行ってみたいと思わせる場所です。

私の地元静岡県では浜松の「うなぎパイファクトリー」がランキング9位に入っていました。
地元でもなかなかの人気でいつも結構混んでいるようです。

Unagi.jpg

うなぎパイの製造工程の見学とお土産に小さめの「うなぎパイ」が付いています。
入場無料なのにお土産付きというのはうれしいですね。
敷地内にある「うなぎパイカフェ」も人気のようで、ここでしか食べられないメニューがあり、ここを目当てに行く人もいるようです。個人的には、ここだけのメニューの炭火焼団子と静岡茶のセットがお気に入りです。

夏休みには、子供を連れて工場見学というのも良いですね。
予約が必要なところもあるので、人気のスポットは今のうちに予約を入れておいた方が良いと思いますよ。

【関連記事】
・うなぎパイの春華堂が新施設「ニコエ」オープン! 美人過ぎる広報も評判に!


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ピースオブケイクの「note」! 新しいネット副業の形? [IT]

今年の4月から株式会社ピースオブケイクが、個人向けのメディアプラットフォーム「note」のサービスを開始しました。

note.jpg

この「note」というのは、文章・写真・イラスト・音楽・映像などの作品を投稿することが出来るウェブサービスです。

誰でもメディアクリエイターになって、自分の作品を公開することができます。
無料での公開もできるのですが、公開したコンテンツを100円からの価格を付けて販売することもできるのです。

いままで、趣味で作曲をしていたけれど発表や販売する場がなかったり、撮りためた写真を整理して写真集を販売したいなんて思っていた人には打って付けの場ができたわけです。

ユーザーからみるとツィッターのように、お気に入りのクリエイターをフォローすることができます。
フォローしているクリエイターの新しい作品が公開されると自分のタイムラインに表示されるので、新しい作品を見逃すことなく鑑賞できます。
コメントを付けたり、「スキ」をしたりもできます。

ツイッターとネット販売サイトの両方の機能を持っているような感じですね。

もちろん無料のコンテンツもあるので、無料の作品を見て楽しむことも出来ます。

自分の作品を販売して副業を、とお考えの方は、まずは会員登録してから、無料の「note」を投稿してみてはいかがでしょうか。フォロワーが増えれば有料「note」の販売も夢じゃないかもしれませんね。

今のところ動画の販売機能は準備中とのことですが、そのほかのコンテンツの販売は今もOKです。

複数の「note」をまとめて「マガジン」にする機能もあるようです。

まだサービスが始まったばかりなので、どの程度の注目度があるのか未知数ですが、面白い試みだと思います。

腕に自信のある人もない人もチャレンジしてみてはいかがですか。


スポンサーリンク


「花咲舞が黙ってない」 続編決定! いつから? [テレビ]

6月18日に最終回を迎えた日本テレビドラマ「花咲舞が黙ってない」ですが、シリーズを通じて高視聴率だったようですね。

hanasaki.jpg

私も毎週楽しみにして見ていました。
コメディタッチで軽く見られて、しかも勧善懲悪のスカッとしたストーリー。おもしろかったですね~。

花咲ファンとしては、すぐにでも続編を期待したいところでしたが、さっそく続編の制作が決まったとの報道がありました。

来年3月に2時間スペシャルを放映して、その後「シーズン2」の放送予定を予定しているとのことです。
「シーズン2」はたぶん来年4月からの放送になると思われます。

さすがに人気番組だっただけあって、異例のスピード決定でしたね。
ファンとしてはうれしいかぎりです。

でもちょっと気になることがあります。

原作は池井戸潤さんの「不祥事」と「銀行総務特命」の2つの小説ですが、「不祥事」の方は花咲舞と相馬健の臨店コンビの8つの話、「銀行総務特命」は指宿修平と唐木怜の特命コンビの8つの話で構成されています。

ドラマの「花咲舞・・」は10回のシリーズでしたが、「不祥事」からの話がほとんどで、「銀行総務特命」からも2話ほど使われていました。

今後、2時間スペシャルと「シーズン2」を制作するとなると原作が足りなくなってしまうんじゃないかと心配しています。

「シーズン1」が面白かったのは、原作が良かったのがかなりの要素を閉めていると思うのですが、「シーズン2」でオリジナル脚本にしてしまって、おもしろさが半減なんてことにならなければ良いのですが。

池井戸さんが来年までに続編を書き下ろしてくれれば良いのですが。
とりあえず、来年まで楽しみに待ってます!


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ヤジは議場の華」か? 塩村議員セクハラ野次問題で思ったこと (2) [ニュース]

東京都議会でのセクハラ野次問題は、予想以上の大きさで話題になっていますね。

昨日(23日)には、自民党の鈴木章浩都議が「早く結婚した方がいいんじゃないか」という発言をしたことを認め謝罪しましたが、「産めないんじゃないか」という発言の主はまだ名乗り出ていません。

これらのセクハラ野次に笑い声を漏らした議員達の対応も気になるところです。
又、東京都議会、自民党の今後の対応が注目されるますね。

この問題は、海外でも大きく取り上げられているようで、本日24日には外国特派員協会で誌尾村議員の会見も行われました。
外国特派員協会での会見が行われたことにより、さらに海外での報道は大きくなっていくことが考えられます。


さて、今回のこの問題には、3つのポイントがあると思います。

1つ目は、セクハラ問題です。

海外の報道でも、日本の女性進出の後進性や職場での性差別が大きく報じられているようですが、たしかに先進国の中で今の日本の状況は遅れていると言わざるを得ません。

海外の報道の中には、誤解ではないかと思われるような物もありますが、一般的に言って女性が男性と同等の扱いを受けているとは思えませんし、大企業など厳しい規制を設けている会社でないと、ついセクハラ的な表現で女性を傷つけているという場面もかなりあるような気がします。

今回の問題により海外に恥をさらしてしまったとお思いの方も多いと思いますが、実はこれが日本の実態なのかもしれません。この問題を契機によりいっそうセクハラ問題を考える機会になれば良いと思います。


2つめは、言葉の暴力という問題です。

今回は、たまたまセクハラに関するヤジだったので大きく取り上げられ、海外にまで波及してしまったのですが、これがセクハラ野次でなく、ただの暴力的ヤジだったらこんなに大きく取り上げられなかったのかもしれません。

塩村議員の質問の最初には「どちら様?」といったヤジも聞かれました。
全くひとをバカにした発言ですね。
セクハラではありませんが、人権侵害といってもいいような発言です。

このほかにも普段の議会では、きっといじめ的な個人攻撃発言も多いのではないでしょうか。
一説によると今回の下村議員のような新人議員に対してはいじめのようなヤジが多く発せられると言うこともあるようです。学校でのいじめ問題にも取り組んでいる議員さんなら自覚してもらいたいですね。

これも、今回の問題を機会にヤジの質についても深く考えてもらいたいと思いました。


3つ目は、そもそも議会にヤジは必要かということです。

国会中継や党首討論などを見ていても、個人攻撃や誹謗中傷に近いようなヤジがあったり、議事に関係の無い、うるさいだけのヤジが多すぎると感じます。

この際、「ヤジは議場の華」などという古くさい考え方は捨て、合理的に不規則発言を排除するという考え方は出来ない物なのでしょうか。

議会をスムーズに進行させるためにも、ヤジを自粛するムードができると良いですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NHK「55歳からのハローライフ」 感想 地味だけと良質なドラマ [テレビ]

6月21日(土)からスタートしたNHK土曜ドラマの「55歳からのハローライフ」、23日には第2話が放送されました。

55old.jpg

第2話は「ペットロス」。原作を読んだときに一番好きになった作品です。

風吹ジュン演じる55歳の高巻淑子は、松尾スズキ演じる夫が定年を迎えた後犬を飼うのですが、夫は犬への愛情を理解してくれないばかりか、何かに付け意見が合わず気持ちのすれ違いが多くなってきます。
そんな時、愛犬が心臓病気にかかり淑子は愛犬の看病にのめり込んでいきます。

原作にかなり忠実に、しかしテレビドラマならではのアレンジも加えながら話は進んでいきます。

あくまでも淡々と、妻の夫に対する満たされない気持ちを描いていきます。
とても地味なのですが、ぐいぐいと物語に引き込まれていきます。

物語の後半まで絶望的な状況が続くかと思われるのですが、最後には夫の本当の気持ちがわかり、そして妻の笑顔を見て、救われた気持ちになります。とても、じぃ~んときてしまいました。
近頃見ない、落ち着いた雰囲気の良いドラマと感じました。

このシリーズの原作は、5つの中編小説から構成されていますが、どれも楽しい話ではありません。どちらかというと重苦しい話で、呼んでいて息苦しくなるような感覚もあるのですが、どの作品も最後に希望が見えるような構成になっています。

最初からの重苦しさが、どのように展開して希望の光を見せてくれるのかというのが見所なのではと思います。

ドラマは、全体的に派手さはないけれど映像も美しいし、じわっとした良さが感じられます。
原作の良さもあり、ずっしりとした見応えがあり見終わった後も余韻が残っているような、そんな良いドラマでした。

まだ2話までしか見ていないのですが、2作品ともにかつての良質な日本映画を見ているような感覚を味わいました。良い意味でNHKらしいドラマといえるのかもしれません。

個人的には最終回の「空飛ぶ夢をもう一度」がどのような映像になっているのか、とても興味があります。
絶対に最終話までみのがせません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コロンビア戦はアプリと観戦! マイクロソフト 「リアサカLIVE」 [スポーツ]

いよいよグループリーグ最終戦となるコロンビア戦が間近に迫ってきました。
朝5時のキックオフということで、早起きが出来るように体調を整えておかなくてはいけませんね。

そんな中、サッカー観戦を楽しくするアプリがマイクロソフト社から無料で提供されています。

そのアプリとは、Windows8以降で利用できるWindowsストアから無料でダウンロードできる「リアサカLive」というサッカー観戦専用アプリです。

ReaSuca.jpg

このアプリでは、全試合の対戦結果や対戦予定がいつでも見られます。また、対象の試合は限定されていますが試合が行われている時には、LIVEで試合状況を確認することができます。

選手の基本データやゴール数、パス数、ボール支配率などの詳細データをリアルタイムで見ることができます。

サッカーの実況中継では、アナウンサーや解説者がこのようなデータを使って解説をしていますが、その生データが見られるというのは魅力的ですね。

しかも、グラフで直感的に理解できる形で表示したり、コート内のどこに選手やボールが動いたかも見る機能があります。

これがあれば解説者気取りで試合を楽しんだり、みんなで観戦するときにも盛り上がることが出来ますね。

次のLIVE配信は25日5時からのコロンビア戦です。

デスクトップパソコンではテレビの横に置くのも大変ですが、タブレットノートパソコンなら、テレビを見ながら手元でデータ確認が出来ますね。

Windows8又は8.1のタブレットかノートパソコンがある人は、今すぐダウンロードして試合に備えましょう。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ヤジは議場の華」か? 塩村議員セクハラ野次問題で思ったこと [ニュース]

東京都議会での塩村文夏議員に対するセクハラ野次問題が話題になっていますが、あの映像を見るとひどい野次ですね。野次を聞いただけでムカッとして気分が悪くなりました。

野次を発した人の品性がうかがわれます。
しかも、こんなに話題になっているのに逃げ隠れして名乗り出ないなんて、議員として、男として、人間として最低ですね。

うやむやにしようと思っても、きっとそのうち、名乗り出ざるを得なくなって出てくるんではないでしょうか。
その時ではもう遅いですよね。

今までの政界や企業での不祥事では、謝罪のタイミングを誤って失脚した人がたくさんいますが、過去の事例に学んでほしいと思います。
失敗したら、早く素直に謝罪して、行動を改めるというのが基本だと思います。

しかし、この件に関する報道の中でインタビューに答えていた自民党のある議員は「ヤジは議場の華ですから・・・」というような発言をしていましたし、報道するキャスターの中にも「ヤジは議場の華」で良いヤジと悪いヤジがあるというような発言をしていた人もいました。

本当に「ヤジは議場の華」なのでしょうか?

過去の国会の中では、機知に富んだヤジで政局が変わったり、議場をなごませたりという事もあったようですが、素人目にはどうも不快なヤジの方が多いような気がします。

国会中継を見ていても、聞くに堪えないこともしばしばあります。
そもそも、そんな理屈でヤジを許容している議会の方がおかしいような気がします。

学校での会議、企業での会議、町内会での会議、どこに行ってもヤジなど許されるところなどないのではないでしょうか。

議場のヤジを歌舞伎の掛け声「大向こう」にたとえて、さも必要な事のように言っている解説者もいましたが、納得できませんね。
ヤジは人を不快にさせますし、議事進行を妨げます。

言いたいことは、しっかりと発言すべきですね。
子供達の会議の手本になるような議事運営を、国会・地方議会にも心がけていただきたいと願っています。

今後は、上からの規制というよりも自主的にヤジを自粛するという方向に向かっていけば良いと思うのですが、どうでしょうか。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。