So-net無料ブログ作成

「天空の城」竹田城 雲海のみごろはいつ? 冬期は入場禁止に! [旅行]

天空の城として有名になった竹田城ですが、本日12月11日~来年3月19日までの期間を入場禁止にしました。

TAKADAJou.jpg

凍結による滑落防止などの安全性を考えてのことと、史跡保護、石垣の落石防止、見学通路の修復など文化財保全工事のための措置のためだそうです。

冬の竹田城は雪が多く、かなり危険があるようです。
昨年までは、車両は通行禁止で規制されていましたが、徒歩はOKでした。

徒歩で登った人が転倒して骨折ということもあったそうです。

今年2014年の元旦には、自粛を呼びかけたにもかかわらず、初日の出を見ようと3千人ほどの人が殺到したそうです。
慣れない人が、凍結した山道を登るのはかなり危険ですね。

今期は、上席につながる道の数カ所に高さ2メートルほどの門扉を取り付けることになりました。

年末年始は、入場規制を知らない観光客が来ることが考えられるので、ふもとの観光施設や山城の郷周辺に警備員を配置することも計画されています。

有名になって観光客が増えたのは良いのですが、史跡の維持や安全確保など大変なことが多いですね。

さて、12月~3月までの間竹田城に入城できなくなってしまうわけですが、雲海が良く見られる時期とはいったいいつ頃なのでしょう?

実は9月~11月が一番発生しやすいようです。
そして時間は明け方から午前8時頃までがいいようです。

記録を見てみると、年によってかなり雲海発生の日は違いますが、9月~12月の範囲に収まっていて、年に20日~30日程度のようです。まれに2月まで見られることもあるそうです。

入城できなくなる12月~3月は、いわば季節外れということになるので、雲海を見たい人は秋に行くようにしましょう。

10月が多い年、11月が多い年がありますが、最盛期は10・11月のようですね。

雲海の正体は、竹田城跡のふもとを流れる円山川から立ち上る霧なので、発生の条件は
・湿度が高く十分な放射冷却があること
・よく晴れていること
・朝方と日中の気温の差が大きいこと
・風が弱いこと
です。

自然現象なので、条件が整っても発生するとは限りませんが、雲海に巡り会えたらラッキーですね。

機関車トーマス 大井川鉄道で10月12日運行終了 来年も運行予定! [旅行]

静岡県島田市の金谷駅から川根本町の千頭駅を結ぶ大井川鉄道で7月12日から運行されていた「きかんしゃトーマス」が本日10月12日で運行が終了します。

tohmasks.jpg

実物大のリアルなトーマスに乗れるとあって、この3ヶ月間土日を中心に運行されてきたトーマスの予約は受付開始後すぐに埋まってしまい、後で追加の運行が決まるなど大人気でした。

大井川鉄道は、毎日SLが運行している鉄道としてマニアの間では有名ですが、このSL運行の技術があっての「リアルトーマス」実現ですね。

お子さん達には、実物のトーマスに乗れるというのはとても魅力的ですし、自然豊かな大井川鉄道沿線の風景を楽しめることで大人にとっても魅力的な企画だったと思います。

10月11日・12日には大井川鉄道と島田市・川根本町が共同で「SLフェスタ2014」というイベントが、千頭駅・新金谷駅・金谷駅前で開催されました。

トーマスの運行終了を惜しむ企画と、蒸気機関車やその他の鉄道に関する展示・見学会が企画され11日は多くの人手になったそうです。

これで「リアルトーマス」の見納めと、鉄道ファンやトーマスファンがカメラを構えてトーマスの周りに集まっていたとのことです。

このイベントのオープニングセレモニーで大井川鉄道の伊藤秀生社長は「トーマスは来年も走る。6月からを予定している。」と発表しました。

来年の運行について初めて公式に語ったことになりますが、今年乗れなかった人は来年の運行決定に胸をなで下ろしたようです。又来年も賑わいそうですね。

これからは、大井川鉄道沿線も紅葉が美しくなる秋の行楽シーズンとなります。トーマスの運行は終わってしまいましたがSLは運行していますので、秋の一日のんびりとSLの旅というのも良いですね。


【関連記事】
・機関車トーマス大井川鉄道に登場で大人気! 予約と旅行情報は

きかんしゃトーマス 5本増発決定! 大井川鉄道で9月1日予約開始 [旅行]

静岡県の大井川鉄道で、リアル「きかんしゃトーマス」が運行されて大人気になっています。
予想の2倍もの人手となり、大井川鉄道の近辺では大勢の子供達であふれているようです。

tohmasks.jpg

7月12日から10月12日迄の3ヶ月間、土日を中心に全部で50日、1日1往復の運行を行っています。
もちろん、既に予約はいっぱいとなっています。

この大人気を受けて、追加で5本の追加運転を行うことになりました。
日程は、以下の通りです。
 1.9月29日 (月) 新金谷発10時38分 千頭行
 2.10月4日(土) 新金谷発10時38分 千頭行
 3.10月4日(土) 千頭発 14時10分 新金谷行
 4.10月5日(日) 新金谷発10時38分 千頭行
 5.10月5日(日) 千頭発 14時10分 新金谷行

予約は、予約は2014年9月1日(月)の午前0時より、大井川鐵道ホームページのメールフォームからのみ可能です。
電話予約や15名以上の団体予約はできないそうです。


定員は、1本当たり最大560人ですから、5本で2,800人ですね。
狭き門となりますが、秋の行楽で、リアルトーマスに乗ってみたいという方は、9月1日にパソコンの前で、ガンバッてチャンスをものにして下さい。

このトーマス、エアコンもない本物の蒸気機関車「C11形227号機」を改装したものです。
7両編成で、客車内はあちこちにトーマスの仲間たちの絵が描かれています。
運行中には、トーマスの声でアナウンスが流れたりして、トーマスの世界にひたることができます。

沿線では、トーマスを撮影しようとする人もたくさんいるようです。
茶畑の中をゆったり走るトーマスという、のどかな風景がいいですね。

今回、予約できなくても、運行日前にキャンセルが出ることもあるそうなので、ホームページをこまめにチェックするのも良いかもしれませんね。


【関連記事】
・機関車トーマス大井川鉄道に登場で大人気! 予約と旅行情報は

見ると幸福になる? 「ドクターイエロー」初公開! JR東海浜松工場で! [旅行]

「ドクターイエロー」ってご存じですか?
鉄道マニアの間では有名な新幹線検査専用の車両のことです。

DcYellow.jpg

新幹線の区間で、線路のゆがみや架線の状態、信号電流の状況を計測しながら走ります。
正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」といいますが、車体の色がきれいな黄色一色のため「ドクターイエロー」と呼ばれています。

内部は、計測器などの機械がビッシリとのっていて、まるで実験室のようだそうです。

ドクターイエローが走るのは10日に1回程度と言われていますが、走る時刻は非公開なため、運が良くなければなかなか見られません。
そんなことから、「ドクターイエローを見ると幸福になる」という都市伝説的な話もあります。

私の家は東海道新幹線に比較的近いので、新幹線を目にすることは多いのですが、妻は以前このドクターイエローを見たと言ってとても喜んでいました。
残念ながら私は、いつかみたいと新幹線脇を散歩するときなど気にしているのですが、いまだに見ていません。まだ、幸せは当分やって来そうにありません。

さて、この超珍しいイエロードクターの車両が、今、JR東海浜松工場で公開されています。

JR東海浜松工場では26日・27日と毎年恒例の夏休みイベント「新幹線なるほど発見デー」を開催していますが、このイベントの目玉としてイエロードクターが公開され、抽選に当たった人は車両の内部を見学できるという、鉄道ファンならよだれが出そうなイベントになっています。

その他にも、毎年好評の新幹線の車体上げ・載せ作業の実演や保守車両の実演・展示、700系車内見学、鉄道模型実演等々楽しいイベントがいっぱいです。

ドクターイエローの車内見学などいくつかのイベントは、事前申し込みが必要で既に締め切られてしまっているのですが、実物を間近で見られるだけでも楽しいと思います。

私も子供が小さいときには、子供を連れてJR東海浜松工場のイベントに行って楽しく一日過ごした記憶があります。
運転手の格好をさせてもらって新幹線の運転席で撮った写真は子供達のお気に入りでした。

明日27日もこのイベントをやっていますので、お近くの方はお出かけになるのも良いと思いますよ。



スポンサーリンク


「日本の城ランキング2014」発表! 一位はどこだ! [旅行]

旅行口コミサイトの「トリップアドバイザー」が、サイトに投稿された過去1年間の口コミ評価をもとに「行ってよかった!日本の城ランキング2014」を発表しました。

第一位には、昨年に引き続き2年連続で「熊本城」が選ばれました。

熊本城って人気があるんですね。
口コミでは、「圧巻の迫力」、「素晴らしい!」と絶賛の声が多かったようです。
確かにお城の形は美しいし、大きくて迫力もありますね。

20位までの順位は、以下の通りです。
  1位 熊本城       熊本県熊本市
  2位 松山城       愛媛県松山市
  3位 姫路城       兵庫県姫路市
  4位 弘前城       青森県弘前市
  5位 松本城       長野県松本市
  6位 犬山城       愛知県犬山市
  7位 備中松山城     岡山県高梁市
  8位 竹田城(竹田城跡)  兵庫県朝来市
  9位 高遠城址公園    兵庫県伊那市
 10位 二条城       京都府京都市
 11位 宇和島城      愛媛県宇和島市
 12位 中城城跡      沖縄県北中城村
 13位 丸亀城       香川県丸亀市
 14位 高知城       高知県高知市
 15位 首里城       沖縄県那覇市
 16位 皇居東御苑     東京都千代田区
 17位 勝連城跡      沖縄県うるま市
 18位 会津若松城(鶴ヶ城) 福島県会津若松市
 19位 松江城       島根県松江市
 20位 今治城       愛媛県今治市

さすがに、名城がそろっていますね。

そういえば先日、フジテレビ系で「お城ツアーズ」という番組をやっていましたね。
お城好きで有名なロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがナビゲーターをつとめて、お城の紹介やお城のクイズで楽しむバラエティー番組でしたが、お城のことが詳しく紹介されていてなかなか興味深い番組でした。

私は、バラエティー番組はあまり見ないのですが、たまたまテレビをつけたときに淳さんがお城の説明をしているのが耳に入って、ついつい最後まで見てしまいました。

淳さんは、小学生の時に訪れた熊本城に感動してから 熱心な城マニアになったそうです。
今では、写真を見ただけでどこの城か当てる事ができて、一番好きな城は犬山城だそうです。
犬山城が一番好きだと公言していた事がきっかけで「犬山観光特使」に任命されたそうです。
番組中にも、犬山城で「犬山観光特使だから」といって普通の人は入れないところにも入って説明していました。

この番組では、「熊本城」、「名古屋城」、「犬山城」、「松本城」、「上田城」の5つのお城を紹介していましたが、淳さんの詳しさはハンパなものではなく、こんな人に解説してもらいながらお城見学をしたら楽しいだろうなと思いました。

この番組で紹介されたお城もベスト20に3つも入っていますね。

「お城ツアーズ」の番組を見て、お城に興味を持ったところで、このランキングが発表されて、私にとって良いタイミングでした。
お城についてもう少し詳しく調べてみようという気がしてきました。
そして、ぜひ実際にお城に行って、生のお城を堪能したいと思います。


【関連記事】
・「行ってよかった!工場見学ランキング」発表!夏休みの旅行にいかが?


スポンサーリンク


「沼津港深海水族館」 夏休みのプチ旅行に! [旅行]

夏休みになると、どこかに出かけたくなりますね。
特にお子さんがいる家庭では、どこかに連れて行かないと納得してもらえないということもあるのではないでしょうか。

そんな時にお勧めなのが、「沼津港深海水族館」 です。

Shirakansu.jpg

沼津港深海水族館は2011年の12月にオープンした比較的新しい水族館で、世界でも珍しい深海をテーマとした水族館です。

沼津港深海水族館のある沼津市は、日本一深いとされる駿河湾の奥にあり、深海魚もたくさん展示されています。

1階が深海をテーマにした水族館で、2階は博物館「シーラカンスミュージアム」となっていて、生きた化石と言われるシーラカンスが5体展示されています。
その内の2体は冷凍標本で、残りの3体は剥製です。

1979年に、アフリカ・コモロ沖の西インド洋で日本シーラカンス学術調査隊が現地と協力して捕獲したものだそうです。
シーラカンスが海中で泳ぐ姿をとらえたあの有名な遊泳映像も放映しています。

冷凍のシーラカンスが見られるのは世界でもここだけだそうです。
本物のシーラカンスが見られるなんて、とても貴重な体験になるのではないでしょうか。
又、CTスキャンを行って再現した立体映像も見られます。

深海生物は捕獲や飼育が難しいので、一般的な水族館ではあまり見ることができませんが、ここにはラブカやヌタウナギなどの珍しい深海生物が50種以上も見られます。
もちろんその他の海の生物も300種ほど展示されています。

年中無休で、10:00~18:00まで(夏休みの期間は19:00まで)営業しています。
東京からでも、新幹線の三島駅まで約1時間、三島駅で降りて東海道線沼津駅まで5分程度で行けます。その後バスで15分「沼津港」で降りればOKなので、比較的近場という感じではないでしょうか。

又、沼津港には、とびっきり新鮮な海の幸を提供する、おいしいお店がたくさん並んでいますので、こちらも楽しみの一つです。

ちょっと変わった水族館で、夏休みのプチ旅行を体験するのもいいですね。

◆沼津港深海水族館ホームページ


【関連記事】
・うなぎパイの春華堂が新施設「ニコエ」オープン! 美人過ぎる広報も評判に!
・「行ってよかった!工場見学ランキング」発表!夏休みの旅行にいかが?



スポンサーリンク

機関車トーマス大井川鉄道に登場で大人気! 予約と旅行情報は [旅行]

静岡県の大井川鐵道に、リアル「きかんしゃトーマス」が登場しました。

Tomas.jpg

C11型の蒸気機関車を改装し、機関車の前面にトーマスの顔を付けたトーマス列車が、7月12日から10月12日迄の3ヶ月間土日を中心に全部で50日、1日1往復の運行を行います。

実物大のリアルなトーマスに乗れるのは、ここだけということで大人気になっています。
すでに、10月までの全予約は埋まっていて、あとはキャンセル待ちを狙うのみという状況になっています。

この人気の結果かどうか、来年もこの企画の実施が決定しているようです。

大井川鐵道と言えば、SLの走る鉄道として有名で、春休みから12月上旬までの期間は毎日、新金谷駅11:52発のSLが運行されています。
夏休みや秋の行楽シーズンなどには臨時の列車も運行されます。

このSL運行の技術があって、リアル「きかんしゃトーマス」が実現したのですね。

「きかんしゃトーマス」の予約はいっぱいになってしまいましたが、通常運行のSLはまだ予約がとれるようです。

トーマスの運行日に合わせて、SLの予約をとって行けば、トーマスを見てSLに乗ってと、一日楽しむこともできますね。

お子さんや鉄道マニアでなくても、一度は乗ってみたいと思うSLなので、早めの予約が必要です。
メールでの予約もできますので、詳しくは大井川鐵道のホームページで確認してみて下さい。

新金谷駅には、東京方面からは、新幹線静岡駅で下車して、下りの東海道本線で30分ほどの金谷駅に行き、金谷駅から大井川鐵道で5分ほどで着きます。
大阪方面からは、新幹線の浜松駅又は掛川駅から登りの東海道本線で金谷駅まで行きます。

この期間中は、終点の千頭駅で「トーマス広場」と「トーマス遊びのスペース」というコーナーを設けて、トーマスとトーマスの友達のロの姿を間近で見られたり、ミニSLに乗ったりすることができます。
また、千頭駅近くにある音戯の郷も「音戯の郷会場」としてイベントを行なっています。

SLの予約が取れなくても、一般の列車で千頭駅まで行ってイベント参加という手もあります。
夏休みに、お子さん連れでのミニ旅行に最適ですね。

大井川鐵道の近辺は、南アルプスのふもととして自然が残された静かな良いところです。

千頭駅からは「大井川鉄道井川線(南アルプスあぷとライン)」もあり、人によっては「トロッコ列車」といわれる、小さな列車が走っています。
この鉄道には日本一の急勾配があり、一部区間では国内唯一のアプト式機関車を使っています。
アプト式鉄道なんて、歴史の教科書や資料でしか見ることができないような代物ですが、ここで体験できるのです。
鉄道マニアには有名なのですが、この機会に経験しておくのも楽しいですね。

近くには、寸又峡温泉や吊り橋ランキングでいつも上位にいる「夢の吊橋」もあったりと宿泊での旅行も楽しめる良いところです。

Turibasi.jpg

まだ、夏休みの旅行計画に悩んでいる人は、早めにSLの予約を押さえて、南アルプスふもとへの旅行を計画してみたらいかがですか?

【関連記事】
・きかんしゃトーマス 5本増発決定! 大井川鉄道で9月1日予約開始



スポンサーリンク



◆大井川鉄道を走る「きかんしゃトーマス」(朝日新聞社)


「行ってよかった!工場見学ランキング」発表!夏休みの旅行にいかが? [旅行]

旅行口コミサイト「TripAdvisor」の日本法人「トリップアドバイザー株式会社」が、過去1年間の口コミ評価を基に「行ってよかった!工場見学&社会科見学ランキング2014」を発表しました。

発表された順位以下の通りです。
 1位 ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市町)
 2位 トヨタテクノミュージアム産業技術記念館(愛知県名古屋市)
 3位 インスタントラーメン発明記念館(大阪府池田市)
 4位 リニア・鉄道館(愛知県名古屋市)
 5位 オリオンビール名護工場(沖縄県名護市)
 6位 カワサキワールド(兵庫県神戸市)
 7位 サントリー白州蒸溜所・天然水白州工場(山梨県北杜市)
 8位 サントリー山崎蒸留所(大阪府島本町)
 9位 うなぎパイファクトリー(静岡県浜松市)
10位 キリン横浜ビアビレッジ(神奈川県横浜市)
11位 九州鉄道記念館(福岡県北九州市)
12位 ぬちうなー(沖縄県うるま市)
13位 三菱みなとみらい技術館(神奈川県横浜市)
14位 トヨタ博物館(愛知県長久手市)
15位 サッポロビール博物館(北海道札幌市)
16位 白鶴酒造資料館(兵庫県神戸市)
17位 マルキン醤油記念館(香川県小豆島町)
18位 島根ワイナリー(島根県出雲市)
19位 ヱビスビール記念館(東京都渋谷区)
20位 タオル美術館Ichihiro(愛媛県今治市)

工場見学は楽しみながら社会勉強になると、最近特に人気の高くなった旅行ジャンルですが、実際に見てみると工場の最新設備に感心したり、製品ができていく工程に見とれてしまったりなかなか楽しい経験ができますね。私は大好きです。

基本的には無料で見学できるところが多いのも良いですね。

ランキングを見ると飲料・食品関係の工場が多いようです。
やはり、試食やお得価格のお土産が購入できたりというのが魅力なのでしょうね。

上位の工場見学はやはり魅力的で、機会を作っていつかは行ってみたいと思わせる場所です。

私の地元静岡県では浜松の「うなぎパイファクトリー」がランキング9位に入っていました。
地元でもなかなかの人気でいつも結構混んでいるようです。

Unagi.jpg

うなぎパイの製造工程の見学とお土産に小さめの「うなぎパイ」が付いています。
入場無料なのにお土産付きというのはうれしいですね。
敷地内にある「うなぎパイカフェ」も人気のようで、ここでしか食べられないメニューがあり、ここを目当てに行く人もいるようです。個人的には、ここだけのメニューの炭火焼団子と静岡茶のセットがお気に入りです。

夏休みには、子供を連れて工場見学というのも良いですね。
予約が必要なところもあるので、人気のスポットは今のうちに予約を入れておいた方が良いと思いますよ。

【関連記事】
・うなぎパイの春華堂が新施設「ニコエ」オープン! 美人過ぎる広報も評判に!


スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。